送信ドメイン認証で認証が正しく行われなかった受信メールはどうなりますか?

説明

送信ドメイン認証の結果に「認証が成功しなかった」の意味の単語が表示されます。
送信ドメイン認証(SPF)では、ヘッダの“Authentication-Results”欄にある「認証結果」を示す "spf="の項目に、以下にあげたいずれかの単語が表示されます。

  • neutral
:送信元ドメインが詐称されているかどうか受信側で判断できない
  • softfail
:送信元アドレスは詐称されている可能性があるが、確定できない
  • hardfail
:送信元アドレスが詐称されている(認証失敗)
  • none
:送信元アドレスを認証するための情報が登録されていない
  • temperror
:認証処理中に何らかの問題が発生し、認証できなかった
  • permerror
:認証情報登録に誤りがある

送信ドメイン認証(DKIM)では、ヘッダの“Authentication-Results”欄にある「認証結果」を示す "dkim="の項目に、以下にあげたいずれかの単語が表示されます。

  • neutral
:署名の検証に失敗した(公開鍵がない等)
  • hardfail
:署名の検証に失敗した(認証失敗)
  • permerror
:認証処理でエラーが発生