受信メールをサーバーに残す設定/残さない設定について知りたい(POP)

説明

メールソフトをPOP設定でご利用の際に、受信メールをサーバーに残す設定/残さない設定を選ぶことができます。
ご利用のメールソフトの端末(パソコンなど)のほかに、Webメールや他の端末からもメールを利用するかどうかで選択するとメールを効率的に利用できます。
それぞれのメリットとデメリットについて、以下に説明しますので、ご利用状況にあわせて設定を行ってください。

POP設定で受信メールをサーバーに残す設定/残さない設定とは

メールソフトやアプリをPOP設定すると、サーバーに届いた受信メールをお客さまのパソコンやスマホにダウンロードして表示します。
このときに、受信メールのコピーをサーバーに残すか残さないかの設定を選択することができます。

残す設定/残さない設定のメリットとデメリット

サーバーに残す設定/残さない設定には、それぞれメリットとデメリットがあります。 Webメールや他の端末からもメールを利用するかどうか含め、お客さまのご利用状況に合わせて設定してください。

■サーバーに残す設定

メールソフトの他に、Webメールを利用する場合や自宅以外のパソコンやスマホなどの複数の端末でメールを受信したい場合は、サーバーに残す設定にしてください。
残す設定について、詳しくは、こちら

メリット
受信メールを、他の端末でも閲覧することができる。
デメリット
定期的にWebメールにログインし、サーバーにあるメールを削除しないと、メールボックス容量がいっぱいになってメールの送受信ができなくなる。
Webメールによるメールの削除方法については、こちら

■サーバーに残さない設定

メールソフトの端末でメールを利用していて、Webメールや他の端末からメールを送ったり閲覧したりすることがなく、大容量のメールを受信することでメールボックス容量がいっぱいになる送受信不可のトラブルを回避したい場合は、サーバーに残さない設定をおすすめします。

メリット
サーバーのメールボックス容量の残りを気にする必要がない。
デメリット
Webメールを利用できない。
POP設定で受信した端末以外はメールを受信できない。
hint

POP設定以外の受信方法
端末のメールソフトにPOP設定を行って受信をする以外に、以下の受信方法があります。

Webメールにログインして受信メールを確認する
IMAP設定(サーバーと同期)で受信する
POP設定とIMAP設定の違いについて詳しくは、こちら